A Fisherman
Tkanosuke Yasui

壁画 NO.2「A Fisherman | 漁師」

Artist:Takanosuke Yasui / 安井鷹之介
Size:高さ7.5m×幅6.6m
Date:2022年
Material:関西ペイント塗料

CONCEPT

朝日が昇りきる前の空全体が赤く染め上がる瞬間、その時にはもうすでに海に出て仕事の真っ最中でした。 真っ暗なうちから海に出て、魚を取る。全身を使って船の上を走り回り仕事をする。船員それぞれが各々の役割を慌ただしくこなしていく。 太古から続いているであろうその純粋な光景を目の前にして、初めて体感した種類の興奮を止められませんでした。 ビチビチと甲板で跳ね上がる大量の魚から剥がれた鱗が吹雪のごとく舞い、視覚的にはとても幻想的なのだけれど、 目線を足元にやると一斉に無数の魚が体を打ち付ける際に放たれる轟音がダイレクトに船上を包みこんでいました。この作品はそんな衝撃的な光景の連続に出くわす仕事の中、船頭にてロープを括る漁師さんの背中のワンシーンを描かせてもらっています。 彼らの太くゴツゴツとした手から繰り出されるロープワークの所作も一才の無駄がなく、本当に美しいです。 シーズン中は休みなく毎日毎朝海に出て仕事をする、この瞬間からだけでもその膨大な時間の片鱗を想像することができました。この町の至るところから感じ取ることのできる超越的なスケールとポテンシャルに、一瞬で猛烈な憧れを抱かされて、遺伝子や細胞が疼いたのは、 脈々と自分の身体にも受け継がれるエッセンスを太古にまで感覚をつなげてくれる雄勝の凄みなのだと僕は感じています。

Artist

安井 鷹之介

愛知県出身
東京藝術大学彫刻科卒業
MAHO KUBOTA GALLERY所属

大学在籍時、ミケランジェロやロダンなど古典から近代までの彫刻を学び、一方で主に欧米の現代アートの潮流に触れる。石膏と布で造形した彫刻で注目を集め、このオリジナルな手法を用い独特のボリューム感を持つペインティングも制作する。日本人離れしたセンスと現代的で開かれた表現が幅広い層の共感を呼んでいる。
絞り込み

    A Fisherman | 漁師 カベ主

    2022年に制作された、高さ7.5m、幅6.6mの壁画「A FISHERMAN(漁師)」
    60分割された1カベで構成され、最大60人がカベ主になることができます。
    #1-#60までのお好き1カベを選んでカベ主権をご購入いただけます。


    このコレクションに当てはまる商品が見つかりませんでした。

    Wall holder gallery

    カベ主ギャラリー

    壁画No.2「A FISHERMAN」の作品を制作するために、さまざまな方にカベ主になっていただきました。こちらの別サイトにのみなさまのカベ主名を掲載しています。

    Sponsored | 壁画協賛

    Powered | 協力

    サン商事興業・留畑塗装 / MAHO KUBOTA GALLERY / 雄勝FORESTキャンプ場 / 高橋武彦