TEORIA
Takanosuke Yasui

壁画 NO.1 「THEORIA | テオリア」

Artist:Takanosuke Yasui / 安井鷹之介
Size:高さ7.5m×幅54.6m
Date:2022年
Material:関西ペイント塗料

Concept

海辺の町に対して、雄勝に訪れる前まではざっくりと穏やかでスローな印象を抱いていました。 実際に通い続けると、漁師さんの仕事ぶりや住民の方の日々の営為や話ぶりや仕草、歴史を遡ってみたいという欲望を掻き立てる土地のミステリアスさ、 そして太古にまで想像の幅を拡張させられてしまう圧倒的な海や山や空の大自然があると知りました。前提イメージを超越してくるそれらのワイルドさとスケールに飲み込まれ、雄勝にくると必 ず「島国に生きている」という実感を反芻します。雄勝の各浜の風景をミックスした時代性を特定させないワイドな一枚の絵の中には、左から、夕→昼→朝→夜と時間軸も混在させており、これは北上川沿いにある大川小学校遺構に残されている児童壁画の構成を参照させていただきました。また、雄勝にはリアスの地形からなる独特な移動体験がありました。 各地区・浜間を移動するには、海側→山→海側というルートを通るのですが、その際に山の中の木々の隙間から見える対岸や水平線の見え方に魅力を感じ、”抜けの窓”をいくつも設ける構成をベースにしました。この壁画はこれから毎日、晴れの日も雨の日も、移り変わる四季や、対岸の山や一秒ごとに表情を変える空、走る車や生活する人と共に風景を作っていくでしょう。 そして人がここにいる限り、ここでその光景を眺めて「観て想う」ことは続けられていくのだと信じているし、そこにある存在と状況のすべてとともに成立する作品なのだと、壁画の制作中にずっと考えていました。そして、この作品のタイトルを「テオリア」と決めました。 テオリアは「観想」という意味のギリシア語です。スペルを分解するとTHE / O(Ogatsu) / RIA(rias) と「雄勝の岸辺」と読むこともできます。いつまでも、観る人たちがこの壁画を含む雄勝の雄大な風景を前に、視野の先にある没入と想像の時間を過ごしていてくれたらな、と願っています。

Artist

安井 鷹之介

愛知県出身
東京藝術大学彫刻科卒業
MAHO KUBOTA GALLERY所属

大学在籍時、ミケランジェロやロダンなど古典から近代までの彫刻を学び、一方で主に欧米の現代アートの潮流に触れる。石膏と布で造形した彫刻で注目を集め、このオリジナルな手法を用い独特のボリューム感を持つペインティングも制作する。日本人離れしたセンスと現代的で開かれた表現が幅広い層の共感を呼んでいる。
絞り込み

    THEORIA | テオリア

    2022年に制作された、高さ7.5m、幅54.6mの壁画 「THEORIA(テオリア)」
    528分割された1カベで構成され、最大528人がカベ主になることができます。
    #1-#528までのお好き1カベを選んでカベ主権をご購入いただけます。
    ※現在#1-324までの販売となります。


    Wall holder gallery

    カベ主ギャラリー

    壁画No.1「THEORIA」の作品を制作するために、さまざまな方にカベ主になっていただきました。こちらの別サイトにのみなさまのカベ主ネームを掲載しています。

    Sponsored | 壁画協賛

    Powered | 協力

    サン商事興業・留畑塗装 / MAHO KUBOTA GALLERY / 雄勝FORESTキャンプ場 / 高橋武彦